山口市引越し探検隊!一番安い業者は?見積もりの料金相場はどの位?

山口市の小学校転校手続きについて

2016年10月05日 11時10分

転居が決定した際、お子さんがいるなら転校のための手続きが必要となることが多いですよね。転校の手続きは、あちらこちらへ出向かないといけない上に、必要書類も多数あり分からないことも多々あると思います。急な引越しだったりすると、引っ越し先がはっきり決まっていない時もあるかと思いますが、大事なポイントを抑えればそこまで苦労せずに手続きを進行することが出来ると思います。このページでは、実際に子供を転校させた経験を持つ私が、順番に手続きを進める際の注意点をまとめています。小学校の転校手続きQ&A事情があり、転校先の住所がまだ決まっていません。小学校の手続きは進められるでしょうか。A.転校・転居はやむを得ずすることもありますので、特別に認められるケースがあります。例としては、家庭での暴力やストーカーの被害で家を出たいが、次の新居を決めかねている。特例として扱われているため、安心して相談しましょう。また、特認校というような小規模校があります。離れた住まいからでも通学OKの運営体制になっています。Q.小学校の転校は学校・市役所・教育委員会に子どもも連れていくほうがいいのでしょうか。A.転校前の学校は保護者だけでやり取りし、必要書類の提出等しましょう。どのタイミングで転校するということを他の児童に言うかなど、担任と相談が必要になり、子どもの前だと相談しづらくなります。逆に新しい学校では子どもと先生、どんな人なのかお互いに知っておきたいでしょうから、一緒にいきましょう。ただなにか相談事があれば先生にお伺いし、別で会いましょう。Q.公立→私立小学校へ転校することは可能?A.可能ですが、一般的に私学の方が学術の進捗がはやいことがあります。引っ越し後にしっかりと勉強のフォローは必須になります。様々な手続きが必要となる小学校の転校手続き・・・オススメのタイミングは?急な事情にはしょうがないですが、特に区外等への転校だと、転校手続きに何日か必要になることでしょう。更に両親どちらも働いている場合、必要な書類提出などが休みの日にしかできなくて、一度にすべて終えられないということもあり、うまく進まないこともあります。引っ越し日の7日前に転出届を提出し、新居に住んだら二週間までに転入届、そしてその時に学校への届け出も済ませないといけません…!必要な道具を買い揃えたり、時間がどれだけあろうと足りない!となりがちですので、できることならば、極力学校の夏や冬の長期休みにするのが一番でしょうね。夏や春そして冬の休み中にゆとりを持って手続きを行いながら子どもの状態をよく見、ケア・フォローしていく事が大事ですね。